こんにちは、あみのです。

皆さん、斉藤さんというアプリはご存じですか?

ランダム通話アプリです。

私は、このアプリがコミュ障を治すのに最適なアプリだと考えています。

その理由と、コミュ障を治した方法について解説していきたいと思います。

私が斉藤さんを始めたのが、高校生の時です。

その時は一切長く話すことができませんでしたね。相手に「この人と話しても楽しくなさそう」と思われ、すぐに電話を切られてしまいました。

それでも諦めずに続けました。

そうするとだんだん長く話せるようになっていき、今では「人と話すことってこんなに楽しいことなんだ」と感じるようになりました。

そんな経験をもとに、皆さんにも「人と話すっては楽しい」って思っていただけるようにこの記事を書きます。

斉藤さんがコミュ障を治すのに最適なアプリである理由

理由は3つあります。

  • ノーリスクで今すぐに実践できる
  • 「切られる」というフィードバックがある
  • 多種多様な人たちと話せる (コミュニティが広い)

理由を見ただけで、コミュ障を治すのに最適であることがわかりますよね。

フィードバック

顔も知らない相手と話す」&「今後関わらない」という条件があるから成り立つのです。

方法①:ノーリスクなので今すぐ始めよう

インターネットの時代になって、本当にコミュ障を治しやすい時代になりました。

アプリがなかったときは、実際に人と会って話すしか方法はありませんでした。でも今は、アプリを開くだけで話す練習できます。

しかも、ノーリスクで

「この人話すの下手だな」って思われても、今後一切関わりません。

コミュ障を治すには、「実際に話してみる」以外の方法はありません。

通話アプリで誰でも話せる環境になったのですから、努力して続けてみましょう。

方法②:なぜ切られたのかを考えよう

なぜ切られたかを考えることはめちゃくちゃ重要です。

「なぜ切られたか」がわかれば、次の会話に生かすことができるからです。

でも、切られる理由はたくさん考えられます。

例を挙げてみると

  • 声が小さくて、根暗そうに思われたから
  • 話していない空白の時間が長かったから
  • 自分の話が長すぎたから
  • 聞かれたくない質問をされたから
  • 単純に異性と話したかったから

などなど…

切られる理由はもっと考えられます。

自分がなぜ切られたのかを考えて、次の会話に生かすようにしましょう。

また、斉藤さんはお昼にやることをオススメします。

夜は男が多すぎです。(夜は男女比9:1くらい)また、変態な人も多い印象です。

一方、お昼は男女比もバランス良く取れて、変態な人もいないです。

方法③:多種多様な人と話してみよう

多種多様な人と話す

斉藤さんを続けていると、色々な人とマッチします。

学生・社会人・ニート・キャバ嬢・既婚者(←まじでびっくりしました)

コミュニティが本当に広いです。というか広すぎる…

これだから飽きないんですよね。

色々な人と話すことによって、誰でも話せるようになります。

会話に慣れてくると、「この人はこんな話をすれば、楽しませることができるだろう」とわかってきたりします。

こうなれば、コミュ障卒業ですね。

最後に

今回は斉藤さんでコミュ障を治す方法について解説しました。

斉藤さんでコミュ障は治せます。

しかし、諦めない努力が必要です。

2~3年後に変わっている自分があることを想像して、斉藤さんを続けてみてください。