こんにちは、あみのです。

最近継続できている瞑想ですが、まだ瞑想の効果をあまり実感できていないです。まぁなんかマインドフルになったような気がするようなしないような…
もしかしたら瞑想前の自分と変わっているのかも知れません。

そんな私ですが、今回は幸せになりたいと考えている人に向けて、どうやったら幸せを実感できるのかについて書きたいと思います。

「あたなは幸せですか」と質問されて、迷わず「はい!」と言える人は少ないと思います。
特に日本人は少なそうですよね。
テレビとかで日本人の幸福度が低いということはよく放送されています。

そのような放送を見ていると「幸せになるって難しいのかな?」と思うこともあるでしょう。

しかし私はそんなことないと思います。
自分の手で幸せはつかむことができると考えています。

ではどういう考えをしたら幸せになれるのか、一緒に考えていきましょう。

理想の生活になっても幸せにはなれない

「あと5万円余分にあれば、裕福な生活ができるのに」

このように考えている人は多いと思います。

では仮に国から毎月5万円をもらえた場合、幸せになれるでしょうか。

もちろん、初めてもらった月は余分に使えるお金が増えて少し裕福に感じるでしょう。欲しかった服が買えたり、美味しいお店に行けたりしますからね。

しかし月5万円をもらえることが当たり前になった1年後、どう考えるでしょうか。

もう分かりますよね。
「さらに5万円余分にあったらな」と考えるようになります。
生活水準が上がって、さらに裕福な生活をしたくなるからですね。

つまり「相対的な豊かさで幸せを感じる」という考えはしてはいけないのです。
どうせ豊かになっても、さらに豊かになりたくなるのですから。

どうやったら自分のものさしで幸せになれるか

「相対的な豊かさで幸せを感じる」考えを持つと、年収を一生上げ続けるしかありません。

しかし年収を上げ続けるなんて無理ですよね。だから別の軸で幸せを感じる必要があります。

以前こんなツイートをしました。

私が気づいたのは、お金持ちになっていい家に住むとか、ハワイ旅行に行くとかではなく、普段生活している中に幸せを見つけられたことです。

いえ、幸せを見つけたのではなく、これを幸せだと思い込んだのかも知れません。

それでいいのだと思います。
幸せだと感じれば、それはゴールですし、自分のものさしで幸せを決めるとはこういうことだと思います。

少しアドラー心理学の目的論に近い話ですね。
参考)【アドラー心理学から学ぶ】人生を変える方法

幸せは「見つける」&「作る」もの

talk cheer

Googleで「幸せになるには」のように検索すると、色々な記事が出てくると思いますが、その記事の中で

「幸せになるためには、周りに感謝しよう」
「友達を大切にしよう」
「生活習慣を整えよう」

など書く記事をよく見ます。

間違ってはないですが、これを読んで「そうか周りに感謝することが大切なのか。それならやってみよう。」とはなれないと思います。

ですが上の3つに共通することがあります。
それは「ちょっとしたことで幸せになれる」ことです。

私はブログ書いて、本読んで、運動して料理することが幸せだと感じたとツイートしましたが、すごく簡単なことですよね。

ある人は休日に長時間寝られることが幸せだと感じる人もいるでしょうし、好きな人ができたら幸せだと感じる人もいるでしょう。

何でもいいのです。それを幸せだと思い込むことで、余裕が生まれて、不安が解消されることもありますから。

生活習慣には気をつけよう

ちょっとしたことで幸せになれると言いましたが、生活習慣だけは気をつけましょう。

特に睡眠です

睡眠不足で頭が回らない時に、幸せだと感じないと思います。睡眠時間が少ないと疲労もたまりやすくなって、ストレスだけが蓄積されていきますからね。

そこら辺の研究もされていて論文も出ていました。
参考)行動や習慣が主観的幸福度に与える影響

まとめ

「幸せになるために」というテーマで書いていきましたが、自分で幸せを決めましょう。

お金や地位のような相対的なもので決めてはいけません。
上へ上へと上限なく続く階段に入らないようにしましょう。

あみの

follow me!