こんにちは、あみのです。

この記事は

  • 話が盛り上がらない
  • 新しく会う人と話すのにストレスを感じる
  • そんな自分があまり好きではない

と思っている人向けに、コミュ障になる3つの原因とその改善方法を具体的に書いていこうと思います。

原因を知ることは、超大切です。

「自分がなぜ人と話すことが苦手」を知ることで、コミュ障を改善できる一歩になりますからね。

改善のためには

まずは自分を観察
   ↓
次に観察結果を分析
   ↓
分析した結果を踏まえて行動

これらのステップ必要です。

この記事は、「観察」と「分析」に焦点を当てます。

それでは、3つの原因を書いていきましょう。

コミュ障になる3つの原因

ためらわずに、書きましょう。

  • しっかり伝えようとしすぎている
  • 苦手意識が強すぎる
  • 体の動きがあまりない

昔私もうまくコミュニケーションを取ることができなかったのですが、この3つに当てはまっていますね。

これらの原因をもっと詳しく見ていきましょう。

原因①:しっかり伝えようとしすぎている

他のサイトでは「完璧主義」と表現しているところもあります。

なぜこのしっかり伝えようしすぎるのが悪いかというと、相手が会話に入る余地を与えていないんですよ。

会話はキャッチボールだと言われていますが、キャッチボールになっておらず、こっちばかりが球を投げている感じです。

私は前にこのようなツイートをしました。

しっかり伝えようとすると、「前提知識から話して、だからこのようになる」みたいな言い方になります。

ビジネスなどでは良いのですが、それを言われた相手は意見を言いづらくなります。

「こうなったら、こうなるじゃん?」みたいに相手の反応をうかがいつつ(相手の理解力を利用)話していくといいでしょう。

原因②:苦手意識がありすぎる

苦手意識がありすぎると、焦ってしまいます。

この「焦り」がコミュ障を加速させます。

「早口」「暗い」「何言ってるのかわからない」
コミュ障がよく言われるワードですね。

これらのワードは80%以上が焦りから来るものだと考えていいです。

もし焦らず落ち着いた雰囲気で話せば、相手の聞きやすいリズムで話せます。
仮にうまく伝わらなくても、その場で「どういう意味?」と質問されるので、コミュ障だと思われません。

だから落ち着くことが大切なのです。
苦手意識を克服できれば、焦りが消え、コミュ障を改善できます。

原因③:体の動きがあまりない

コミュニケーション方法は会話だけだと思っていませんか。

表情やジェスチャーのような非言語がコミュニケーションを取る上で大切です。

会話は2人で作っていくものであり、片方の人だけ盛り上がっていくことはほとんどないです。

その「会話してて楽しいですよ」という意思表示が、表情やジェスチャーのような非言語なのです。

テレビに出ている芸能人とかを見ていると、みんな表情豊かで、よく手や体を動かしています。

最初は慣れないと思いますので、表情を作るところから初めてみるのはどうでしょうか。

参考)【音声あり】コミュ障を治す具体的方法

明日からの会話で意識してみよう

会話で意識してみよう

コミュ障になる原因を書いていきました。
つまり「観察」と「分析」

明日からの会話で、その原因を頭に入れて会話をしてみてください。

もちろんすぐにコミュ障を改善できることはないです。

1年もしくは3,4年後変わった姿の自分を想像して、「行動」するのみです。

あみの follow me!